6月19日、和泉市議会に請願書を提出

 「谷山池の保存を求める会」では、6月19日午前10時30分 市役所議会事務局において、 17,711筆の署名を添えて、 和泉市議会議長に対し保存を求める請願書を提出いたしました。 3月5日にスタートして僅か3ヶ月半ほどでこのように多くの署名が 集まりましたのは、 ひとえに市民皆さま方の多大なご協力のお蔭様と心から感謝申し上げます。

 この請願は、7月5日から始まる第2回定例会(7月議会)の中で審議され、 議員の多数決によって採択・不採択が決まります。 議会での審議は2段階に分かれており、 先ずは付託された常任委員会(※1)で 審議され一旦採決。 その委員会報告を受けて、さらに7月26日の本議会最終日に今度は議員全員で討論し、 そこでの採決が最終結果となります。委員会、本会議共に傍聴が可能です(※2)。

 請願は市民から出されるものなので、常任委員会において 請願者が委員(議員)に対して意見陳述をします。 そして次に委員は、請願者側2人と紹介議員に対し質疑することができます。 そしてその後、委員と理事者側の質疑応答ののち採決に入ります。 本請願がどの常任委員会に振り分けられるかは、28日の議会運営委員会で決まりますので、 決まり次第、またこのHP 上でお知らせ申し上げます。 ぜひ多くの皆さまにお越しいただき、応援をよろしくお願いいたします。
広報担当


※1… 議案が非常に多いので、中身によって総務安全委員会、都市環境委員会、厚生文教委員会の どれかに振り分けて審議されます。議員は全員どれかの 委員会に所属することになっています。

※2… 厚生文教委員会は7月9日、都市環境委員会は7月10日、総務安全委員会は 7月11日のいずれも午前10時開始で、傍聴の方はその15分前から先着順で入室していただきますが、 定員を超えた場合は抽選となります。入室できない方は 別室で映像配信をご覧いただけます。