12月4日総務安全委員会における請願審議の結果について

当日は委員会議案の一番目に請願が審議されました。
@先ず藤原総務部長より請願についての経過報告
・25年6月15日に17830筆の署名を添えて請願が出された。
谷山池は平成11年6月と23年5月に集中豪雨により堤の崩落が起こり、 総額で上池約2200万円、下池約8800万円の改修費用を要した。
・24年5月谷山池水利委員会総会で売却を決定し、 その年の12月までに全町会全水利組合が合意書を整えて提出する予定だったが、 現在も12町会中6町会しか合意書の提出がなく、 また神田水利組合からは反対書が提出されている。
・そして、「現在はまだ切迫した状況にはない」
と締めくくられた。

A早乙女委員の意見
・和泉市には景観条例がなく、府の景観条例が適用されると思うが、 谷山池は充分景観になりうるのではないか。
・市ではシティプロモーション活動を進めているが、 来訪促進の面からも、伝承文化としての谷山池の景観を残すべきではないか。
・この請願は再度継続するべきである。

B関戸委員・坂本委員の意見
2回継続審議としてきたが、この辺で議会として一定の結論を出すべきではないか。採決すべきと考える。

C杉本委員長
意見が分かれているので起立により、継続か採決かの決をとります。
(起立)起立多数により採決することに決します。討論はありませんか。
(関戸委員)良い自然環境は否定しないが、同意書が揃っていない上、 大きな動きがないことから、採択には反対。
(早乙女委員)歴史性、自然環境、治水の面から請願の採択に賛成。 6月8日のシンポジウムで木津川計さんが 「近年大阪の都市格が貧困になっている」「殺風景、つまり風景を殺すのはいけない」と言われた。 請願を継続審議としてもらいたい。
(石原委員)町会の同意書が揃っていない。時期尚早であり採択反対。

D起立採決の結果、早乙女委員以外全員本請願の採択は反対(坂本、関戸、友田、石原、末下) (※小野林委員は終日欠席)

※これで決定ではなく、16日の本会議最終日に総務安全委員長から委員会報告がなされたのち、 もう一度賛成・反対討論が行われ、全議員で起立採決して決することになります。

12月8日の『いつくしみめぐる市』で谷山池周辺の自然豊かな写真を展示します。

2013年12月8日に和泉市万町、石尾山弘法寺にて『いつくしみめぐる市』が開催されます。
谷山池の保存を求める会では、『いつくしみめぐる市』会場内にて、 谷山池付近でのコウノトリや希少生物などの写真を展示します。 ご来場の際には、ぜひ和泉市の自然の豊かさをご覧ください。
いつくしみめぐる市FBページ
いつくしみめぐる市公式ブログ

画像を拡大する。
7月26日和泉市議会最終日のご報告

 7月26日和泉市議会第2回定例会の最終日において、 総務安全委員会委員長から委員会での結果報告に続き、 次のような「閉会中継続審査申出書」が市議会議長に宛てて提出されました。

議 長
服 部 敏 男 殿
総務安全委員会____________________
委員長  矢 竹 輝 久

閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書

 本委員会は、審査中の事件について下記により、 閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、 会議規則第110条の規定により申し出ます。

1 事件
和泉市の歴史・文化・自然遺産である谷山池の保存に関する請願


2 理由
本請願の趣旨として、谷山池が売却となった際には、市が購入し、 歴史・文化・自然公園として保存されたいとのことであるが、 財産区財産の処分については、すべての権利者の同意等が前提であり、 現時点においては、その一部が同意されたに過ぎず、 十分な地元の合意形成が図れていないことなど、 当該審査における判断材料としては不十分であると考えられた。 このことから本請願については、委員会として結論を見出すには至らなかったものである。

 その後、服部議長から「委員会の報告は継続審査ですが、異議はありませんか?」と尋ねられ、 議員から「異議なし」の声があって継続審査が決まりました。 続きを読む
総務安全委員会のご報告   請願が「継続審議」に

 40度にもならんとする連日の酷暑でございますが、お元気でいらっしゃいますか?

 さて、2週間前に市議会に提出しました「谷山池の保存を求める請願」の審議が、 総務安全常任委員会に付託され、7月11日(木)審議されました。 請願に対する審議は、@請願者の意見陳述(5分)  A委員から請願者と紹介議員(金児・小林・早乙女各議員)への質疑  B委員から理事者への質疑  C採決、という順で進みます。 意見陳述では、実行委員会で前もって5分間の文章と新聞4頁大の写真パネル7枚を用意し、 奥村博代表が文を読む一方で藤原重夫副代表がパネルを高々と掲げて委員たちにお示ししました。 続きを読む
7月度議会で審議される委員会が決定。市民の注目が集まる議会で請願可決へ!

 2013年7月度和泉市議会で、谷山池の保存に関する請願書を審議する委員会が決定しました。 7月11日総務安全委員会(10:00am〜)で審議・採択されます。 その後、7月26日の本会議(10:00am〜)で更に審議・採択されます。 委員会と本会議での結果が異なった場合は、本会議での決定が優先されます。 議会は市民の声を反映する場です。多くの市民の関心が議会運営にも大きな力となります。 是非、議会で多くのご理解をいただけるよう、皆様と共に働きかけてゆきましょう。 委員会、本会議共に傍聴も可能ですので、皆様の力を集め市民の関心の高い問題であるだけに、 多くの方と共に議会を見守って行きたいと思います。 お時間の都合のつく方はぜひ議会傍聴をお願いします。
続きを読む
6月19日、和泉市議会に請願書を提出

 「谷山池の保存を求める会」では、6月19日午前10時30分 市役所議会事務局において、 17,711筆の署名を添えて、 和泉市議会議長に対し保存を求める請願書を提出いたしました。 3月5日にスタートして僅か3ヶ月半ほどでこのように多くの署名が 集まりましたのは、 ひとえに市民皆さま方の多大なご協力のお蔭様と心から感謝申し上げます。

 この請願は、7月5日から始まる第2回定例会(7月議会)の中で審議され、 議員の多数決によって採択・不採択が決まります。 議会での審議は2段階に分かれており、 先ずは付託された常任委員会で 審議され一旦採決。 その委員会報告を受けて、さらに7月26日の本議会最終日に今度は議員全員で討論し、 そこでの採決が最終結果となります。委員会、本会議共に傍聴が可能です。 続きを読む
谷山池シンポジウムレポート

 2013年6月8日、谷山池近くの和泉市青葉はつが野小学校にて『谷山池シンポジウム』が開催されました。 おおよそ170名を超える、予想以上に多くの方々にご出席頂き、大盛況の中終えることができました。 シンポジウムは現在売却が進められているといわれる谷山池の歴史的、文化的、そして自然的な価値について それぞれの専門家からの講演が行われました。

 先ず、基調講演として、木津川計さんより文化・教養についてのお話しのほか、 谷山池がどのように文化的な意味合いを持つのか、 また、大阪、京都、神戸を比較した文化度の違いなどの話を伺いました。 続きを読む
谷山池シンポジウム開催決定!!
「谷山池は和泉市の歴史遺産? 」「もっと谷山池のこを知りたいな。」
ぜひ、シンポジウムにお越しください。
谷山池の歴史・文化自然など
お伝えしたいことがっぱあります!
続きを読む